Profile

1959年東京に生まれる。
東儀家は、奈良時代から今日まで1300年間雅楽を世襲してきた楽家である。
父の仕事の関係で幼少期を海外で過ごし、ロック、クラッシック、ジャズ等あらゆるジャンルの音楽を吸収しながら成長した。高校卒業後、宮内庁楽部に入る。宮内庁楽部在籍中は篳篥(ひちりき)を主に、琵琶、太鼓類、歌、舞、チェロを担当。宮中儀式や皇居において行われる雅楽演奏会などに出演するほか、海外での公演にも参加、日本の伝統文化の紹介と国際親善の役割の一翼を担ってきた。その一方で、ピアノやシンセサイザーとともに雅楽の持ち味を生かした独自の曲の創作にも情熱を傾ける。

1996年デビューアルバム「東儀秀樹」で脚光を浴び、以後次々とアルバムをリリース。
2000年「TOGISM2」で日本レコード大賞企画賞を受賞。
同年「雅楽」以降9度にわたり、ゴールドディスク大賞 純邦楽・アルバム・オブ・ザ・イヤーを受賞。
2001年にはフランス親善大使を務める。02年蜷川幸雄演出「オイディプス王」で舞台音楽を担当し、読売演劇大賞優秀スタッフ賞受賞。
また03年公開の同監督作品「青の炎」(主演:二宮和也)で映画音楽を手掛ける。

2003年6月にモスクワ公演、11月にカンボジアの世界遺産・アンコールワットにて天台聲明とアンコールワットの僧侶と共演。05年4月、世界的シンガー・サラブライトマンと共演。5月、イタリア・アッシジの世界遺産・聖フランチェスコ教会の公演にて天台聲明とグレゴリアン聖歌隊と共演。08年・第一回世界遺産コンサートはウズベキスタン・サマルカンド、第二回・09年3月 韓国、第三回・09年の7月 ベトナム フエ、第四回・10年 トルコ・イスタンブールにてコンサートが開かれた。各メディア・海外での活躍もめざましく、2001年NHK スペシャル「宇宙 未知への大紀行」の音楽全編担当、「メルセデスベンツ」、京セラ「CONTAX T3」、「リプトン・ザ・ティー」、「ロッテ グリーンガム」、「マクドナルド」、「黄桜 辛口一献」「大和証券」CM出演、「霧島酒造・白霧島」CM曲を担当した。
NHK大河ドラマ「篤姫」では孝明天皇役、TBSドラマ「MR.BRAIN」では殺人犯・八木仁役、NHKドラマ「ビターシュガー」、映画「源氏物語」での一条天皇役など、ドラマ・映画への出演も相次いだ。また絵の才能を発揮し、絵本「光り降る音」「天つ風の音」「星月夜の音」(文・かんのゆうこ)では挿絵を担当した。

また上海一流若手ミュージシャンとのユニット「TOGI+BAO」を結成。
2005年「TOGI+BAO」としてのファーストアルバム「春色彩華」を発表、第20回日本ゴールドディスク大賞(純邦楽部門)を受賞。日本古来の伝統楽器を用いて独自の世界を切り開き、アジアとの交流に高く寄与していることが評価され、文化庁より平成16年度芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞。愛知万博・中国ナショナルデーにて演奏。全国ツアーも大成功をおさめた。
07年6月、移籍したユニバーサルミュージックよりアルバム“Out of Border”発売。
08年3月、アルバム“Every Little Life ~生きとし 生けるものへ~”
09年7月、アルバム「地球よ、」10年7月、アルバム「スマイル」、2011年6月「子供たちに優しい未来を」と「東儀秀樹×古澤巌ツアー2010」のライブが収録されたDVDを同時発売した。

2012年3月に15周年記念アルバム「TOGI」をリリース。全米と同時発売となった。米国桜植樹100年開会式に招待され、ワシントンのコンベンションセンター、ケネディセンターで演奏しアメリカでも注目を集めた。2013年夏、初のカバーアルバム「hichiriki ballad」を発売。
2014年、第2弾カバーアルバム『hichiriki romance ~好きにならずにいられない』発売。さらに東儀秀樹・古澤巌・cobaのコラボアルバム『TFC55』も同時発売。
2014年10月には日本スイス国交樹立150周年を記念し、TFCとしてジュネーブ及びベルンにて公演を開催した。2015年発売のCD「日本の歌」で第30回 日本ゴールドディスク大賞 純邦楽・アルバム・オブ・ザ・イヤーを受賞。

2016年「東儀秀樹withRYU」を結成。東儀自らが台湾でオーディションで選んだ「二胡、琵琶、笛子奏者」6名の若手ミュージシャンとの新ユニット公演を成功させた。2016年8月、東儀秀樹&三田和代による百人一首の朗読と音楽を融合させたアルバム「花の色は…~百人一首に詠われた、日本の四季、日本の心~」をリリース、続いて同8月「世界の歌」発売。日本から世界へ「和」の心で世界を奏でるアルバムとして好評を得ている。
2016年11月「Hichiriki Christmas」発売。

2017年8月、ジャズスタンダード、カーペンターズなどのヒットナンバーや東儀秀樹オリジナル曲などを収録した最新アルバム「Hichiriki Cafe」を発売。
2018年8月、映画「レ・ミゼラブル」の「On My Own」、黒澤明監督作品「生きる」の「ゴンドラの唄」など、国内外で大ヒットした映画音楽を収録したアルバム「ヒチリキ・シネマ」をリリース。
2019年、6年目を迎える東儀秀樹×古澤巌×cobaによるユニットTFC55の全国ツアーが8月の身曾岐神社能楽堂を皮切りにスタート、11月に当ユニットでのハワイ公演が予定されている。この他にもチェロの溝口肇をスペシャルゲストに迎えて東儀秀樹の雅楽の美しさとチェロの響きを融合させたユニットでも全国で活動予定。古典的な雅楽公演も精力的に行う。2019年8月、オリジナル作品や雅楽の古典曲を現代風にアレンジした作品、また、昨年世界中で人気が再燃したQUEENのカバー曲など東儀秀樹の世界観と魅力を存分に楽しめるアルバム「ヒチリキ・ラプソディ」をリリース。

著書に『すべてを否定しない生き方』『雅楽:僕の好奇心』『東儀家の子育て 才能があふれ出す35の理由』
皇學館大學特別招聘教授、また上野音大、名古屋音大、池坊短大、國學院大の客員教授を務める。
乗馬、クレー射撃、バイク、クラシックカーレース参戦、ダイビング、陶芸、ギター、世界の民族 楽器の収集、イラスト、写真、マジックなど、幅広い趣味人としても知られている。