熊川哲也

北海道生まれ

10歳でバレエを始め、1987年に英国ロイヤル・バレエスクールに入学。
88年、日本人として初めてマリインスキー劇場(ペテルブルク)にて踊る。

89年にローザンヌ国際バレエコンクールで日本人初のゴールド・メダル
ヨーロピアン・ヤング・ダンサーズ・オブ・ザ・イヤー・コンクール(パリ)でも金賞を受賞。

同年東洋人として初めて英国ロイヤルバレエ団に入団し、同団史上最年少ソリストに昇格、93年にはプリンシパルに選ばれた。

在団中にボリショイ・バレエ団の『ジゼル』をはじめ、各国のバレエ団に客演。
96~98年にはセルフプロデュース公演『Made in LONDON』を開催している。

98年にロイヤルバレエ団を退団後も、多くの上演作がいずれも高い評価を受けている。
99年に設立したKバレエカンパニーの主宰、Kバレエゲートのプロデュースなどでも活躍。
2012年1月 Bunkamuraオーチャードホール 芸術監督に就任。

2013年春、紫綬褒章を受賞。

書籍・DVD等はこちらへ
StageDoor http://www.k-ballet.co.jp/company


受賞


1989年、ローザンヌ国際バレエ・コンクールで日本人初のゴールド・メダルを受賞。
同年ヨーロピアン・ヤング・ダンサーズ・オヴ・ザ・イヤー・コンクール(パリ)でも金賞を受賞。
2004年、『白鳥の湖』演出/振付に対し、第3回朝日舞台芸術賞を受賞。
2005年、第55回芸術選奨 文部科学大臣賞(舞踊部門)を受賞。 
2006年、Kバレエ カンパニーとして『ドン・キホーテ』『くるみ割り人形』の舞台成果に対し、第5回朝日舞台芸術賞を受賞。
2013年、紫綬褒章受章。 
2015年、モンブラン国際文化賞 

※当サイト内の文章・画像等の無断転載を禁じます。
(c)Yajima Toshiko Office

Copyright(c)Yajimaoffice